日本の春はサクラだねぇ

昨日撮った写真。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

とーってもきれいでした。

暑いくらいで一気に開花していました。

日本の春はやっぱりサクラだねぇ。


人気ブログランキングに一票入れる!(クリックすると投票になります)

=========

桃の実ネットメンバーズ募集中!会員登録はお名前、メールアドレス、生年月日を入れるだけ!すべて無料です!!

http://momonomi.net/commu/user_login.php

コメント

  • さくらの語源

    本当に美しいですね~(^-^)

    今回初めて“さくら”の語原を知り、よりさくらパワーを感じるようになりました!

    第1の説
    古事記や日本書紀に登場する神話の美しい娘「木花開耶姫(このはなさくやびめ)」の「さくや」が「桜」に転化したものだという説。

    「木花開耶姫」は霞に乗って富士山の上空へ飛び、そこから花の種を蒔いたと言われています。その時に咲いたお花がさくらだったんですね!

    第2の説
    さくらの「さ」は「サ神様」(主に田の神様)の意味で、「くら」は神様の居場所「御座」を意味するという説。

    田の神が桜の花びらに宿り、田に下りて稲作を守護するというのです。稲作りの始まりと桜の咲く時期が同じころなので、満開に咲く花の下で豊作を願ったのだと言われています。これがお花見のルーツだったんですね!

    おお!桃サクラさんそのものじゃん!と思いました(^-^)
    名は体を表しますね♪


  • Re: さくらの語源

    なるほどーそうなんだ。さくらって花だけど、文化ですよねー。

    私がその名前をいただいたのも偶然ではないと日々ひしひしと感じています。

    っていうかきっとこれからもっともっと理解できるようになるんだと思っています。

    解説ありがとう!!!



認証コード1957

コメントは管理者の承認後に表示されます。